オーダー家具で作れるお部屋の魅力とは?

「オーダー家具はそのお部屋に合わせた家具を作ってもらえるそんな活気的なサービス、これでできることは非常に幅ひろく、おうちの快適度もランクアップさせてくれます。そんなオーダー家具のあれこれについてご紹介いたします。」

・オーダー家具はどんなものが作れる?

家具

いま自分でも家具を作ったりするDIYが流行しているほどに、おうち時間をより快適にする内装作りにこだわっている人は非常に多くなっています。
簡単な家具なら作れるものの、流石に複雑なものや耐久度なども大事になってくる家具はそう作れないもの、中には家のリフォームも自分でやった!という人もいますがそんな事出来るのは一部だけで、殆どの人には無理な話です。
しかしこういう家具は部屋に家具を合わせるのではなく、家具を部屋に合わせて作るためもともとのお部屋の良さがより引き立つ、そんな効果が得られます。
吹き抜けのあるリビング、デッドスペースを有効活用したいときなどにこうした家具はとっても便利、サイズや素材、収納性などを自分の好みにあわせた家具を製作依頼することができます。

そんなオーダー家具は一体どんなものが作れるのか?それについてご紹介いたします。
基本的にオーダー家具はかなり幅ひろいものとなっており、そのまま机や椅子だけを製作するのは勿論、造作家具といってそのまま部屋にとりつけるタイプの大掛かりな家具も製作可能となっています。
簡単にタンス等を作るイメージだった人には結構衝撃、オーダー家具はやれることが非常に多く、お部屋の一部のリフォームのような、そんな大掛かりなオーダーも可能なのです。
たとえばキッチンの食器棚やテレビボード、これらも別途で購入するのもありですが、その場合ピッタリサイズがあったものを購入するのは難しく、いずれもそこにしっかりおさまらない、そんな家具の組み合わせでなんとかインテリアを作るしかないです。

しかしそれは既存の家具の話でオーダーの場合はしっかりのその空間におさまる、無駄なスペースを無くした配置ができる家具を依頼できるので、隙間があるとどうしても空間が無駄に圧迫されてしまうような家具の場合でもそこにぴったりおさまってすっきりと快適な空間作りが可能となっています。
また動線も考えた構成ができるので、収納の場合非常に使いやすいように設計も可能、キッチン収納の買い替えを行うのではなく、こうしたオーダーで予め理想のキッチンを作っておく、という方法をとっている人も多いです。

またテレビボードなども壁一面にしっかりとくまなく収納を作ることが可能、こうすることで魅せる隠す収納が実現可能となっており、一見整った引き出しや棚ですが、その中にはたっぷり収納スペースを設ける事も可能となっています。
もちろん扉をつけず、あえて見せる収納にすることも可能となっており、コレクション棚としても利用したいそんな人におすすめの棚、収納つきテレビボードを実現することができます。

またリビングのようなところはあまり狭くしてしまうとどうしても閉塞的な空間になりやすいもの、そんなリビングを開放的なままでうまく壁にとりつけた収納を利用することで閉塞的にならず、収納をしっかり確保することも可能です。
家はテンプレート通りの間取りとはいかないもの、特にマイホームの場合工夫して間取りを組んだ家も多い物です。

そんな家に特におすすめなのがこうしたオーダー家具、その空間にあった収納や家具を取り付けてもらうことで、家のよさを活かしたまま機能性をあげられるようになります。
こうした大掛かりなものも承っているオーダー家具、可能性が無限大でおうち時間をより楽しめるものにしてくれます。

・セミオーダーかフルオーダー

家具

オーダー家具にはセミオーダーとフルオーダーがあり、それぞれにメリットデメリットがあります。
しかしそれをしっかり把握しておくことにより失敗なく家具をオーダー可能、セミオーダーとフルオーダーの違いと共にメリットデメリットを紹介致します。
まずセミオーダーとは、ある程度決まっている選択肢の中から好きなものを組み合わせていくものとなっており、好みのものを選んでいくだけ、という気軽さがあります。
またこの場合比較的短期間で納品されることもあり、うまく使えば短期間で自分の好きなデザイン、サイズ、形の家具を手元に届けてもらえるのです。

しかしある程度決まっている選択肢の中から選ぶということもあり、どうしてもかゆいところに手が届かない、なんてこともあります。
とくに個性的な間取りの家の場合はマッチしにくい場合もあるので、もしこだわりをしっかりいれたい場合は不向きかもしれないです。
次にフルオーダー、こちらは全部自分で希望を伝えることができますので、本当に欲しいものを細部まで叶えることが可能、おうち作りにこだわりがある人にとって非常に画期的な物となっています。
しかし子の場合ざっくりしたデザインしかまだ頭にない場合はそこから突き詰めていくのが大変で、相談を何度も重ねる必要があるのでどうしても時間も手間もかかってしまいます。

またセミオーダーの方が比較的値段は安く、フルオーダーの場合は値がはるというのも特徴です。
予算や納期、こだわり……こうした要素を踏まえて自分にあった方を選ぶのが大切、しかし両方とも自分の好みを反映した家具を作れるということでとても人気となっています。
家の構造を最大限活かした構成にしたい場合はフルオーダー、安くてもっと気軽に、ある程度合っていればいいと考えている人はセミオーダーがおすすめとなっています。

・敷居が高い?そんな時は相談を

家具

オーダー家具はそのお部屋に合わせた特別な家具ということでやはり敷居が高いように感じてしまいます。
ですが基本的にすぐに製作というわけではなく、デザインなどの簡単な設計図については相談無料となっているところも多く、そこからお見積りなどをへて契約完了という流れになっています。

しっかりとお客様の意見を取り入れてのオーダー家具作りをしてくれるところならその時点で親身になって相談に乗ってくれるもの、まずいい会社選びのためにもまず複数の会社に見積りやデザインの無料相談をしてみるだけでも可能なので、悩むよりまず相談してみるのがおすすめです。
けして敷居が高いものではなく、まず相談してから決めてみる、そんな感覚で気軽に相談できるものとなっています。
こうしたオーダー家具を利用することでお部屋作りの幅はうんと広がります。
ここにこういう収納があればいいのにな……という要望を叶えてくれて、抱えている理想を実現してくれるチャンスでもあるのです。

今リフォームや家具の購入などで、感染症対策でひきこもりがちなおうちを整えている人が増えているもの、その一環でオーダー家具も注目されています。
DIYではけして届かないような素敵な家具を作ってもらえて内装の印象を一気に変えるだけではなく、機能面や利便性も向上させる、おしゃれな部屋作りと快適な部屋作り両方言一度に叶えてくれる、そんなサービスとなっています。

こうした家具は少々最初の資金は高いですが、長期間の使用を考えて作られるものなので、長い目でみるとコスパも良好です。
譲れない条件を一番に考えた家具作りが可能なので、家と同じように長い間愛用する、そんな家具の購入となります。
二つとない自分だけの家具を製作してもらうことが可能です。